*お知らせ*

コロナウィルスの感染拡大防止の為、カリフォルニア州全域で外出自粛要請が出ております。
ロサンゼルスの情報は、ブログ内のロサンゼルスコロナ最新情報で発信しております。
1日でも早く事態が収束し、皆さまに安心してお越し頂ける日が来ることを社員一同願っております。

最新情報は、以下のリンクを御覧ください。

https://www.america-travel-factory.com/

2020年4月1日水曜日

ロサンゼルスでスペースシャトルの見学(サイエンスセンター)


コロナウィルスの影響が強いアメリカですが、影響がおさまった際に来ていただけるようロサンゼルスの観光地の紹介を続けさせていただきます。
現在閉館中ですが、カリフォルニアサイエンスセンターを紹介させていただきます。


個人的に天文に興味があったので、アメリカに来たらスペースシャトルを見たいと思っていました。NASAに行かないと見れないと思っていたのですが、ロサンゼルスでも見れるのですね!

カリフォルニアサイエンスセンターに、エンデバー号が展示されています。

エンデバー号といえば、日本人宇宙飛行士の毛利さんが初飛行の際に乗ったものです。っそれを聞くと、なんか感慨深いですね。
スペースシャトルの周りには、フライトの詳細がパネルで説明されていました。毛利さんも写っていますね。

そういえば、昨年高校生の修学旅行生にスペースシャトルの話をしたら、スペースシャトルって何ですか?と聞かれました!ちょっとびっくりしたのですが、調べてみるとスペースシャトルは、2011年が最後の飛行だったとのことなので、納得しました。今の高校生だと小学校の低学年のときにはスペースシャトルが終わっていたのですね。

広い体育館のような場所にエンデバー号は飾ってあり、触ることは禁止されていますが、間近で見ることができます。
結構傷が入っていたりするので、宇宙へのフライトの過酷さ改めて感じました。
屋外には、燃料タンクも飾られています。

大きすぎて写真に入り切りません。


写っている人も大きいですが、タンクはもっと大きいです(当たり前ですが・・・・)

サイエンスセンターは、スペースシャトルだけでなく様々な展示物があったり体験学習ができる施設があったりと、特に子供さんが楽しめる場所がいっぱいです。

水族館もあります。

ハリケーンの体験装置です。

何のシュミレーターが忘れましたが、様々な疑似体験できる乗り物もいっぱいありました。ぜひ、ロサンゼルスに来られた際は、行っていただきたい場所です。

サイエンスセンターへは、メトロ地下鉄が便利です。


サンタモニカとダウンタウンを結んでいるエキスポラインのExpo/USC駅が最寄り駅です。
駅前の公園の中を進んで行き、噴水の奥にある建物がサイエンスセンターです。
入り口の前には、戦闘機が飾られていました。(ちなみにここは裏口になります。)
建物の中を突っ切って反対側の出口を出たところにチケットブースがあります。このときは、$3払いました。入場料は無料だったのですが、スペースシャトルの見学が有料とのことでした。(料金は変更するかもしれませんので、入場料も含め行かれる際にはご確認ください。)


チケットを買ったら、建物の中に戻るとサイエンスセンターの入り口があります。


入場料は無料なので(変更になる場合があるので必ず確認してください)バーを押して自由に入れました。

中に入ったら、写真のように目立つ看板があるので、スペースシャトルに向かってください。


2020年3月26日木曜日

In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)

コロナウィルスのため、家に缶詰状態なのですが、不思議なことにじっとしていてもお腹が空くのです。

先日、お客様をサルベーションマウンテン満喫ツアーにお連れいたしました。その際、インアウトバーガーに寄りたいとのリクエストがありましたので、寄らせていただきました。

2週間以上前のお話ですが、ちょっと紹介させていただきます。


In-N-Out Burgerは、アメリカで大人気のファーストフードのハンバーガーチェーン店です。
1948年にロサンゼルス近郊のパサデナでオープンし、現在カリフォルニアを含む6州でのみ展開しています。一番東でテキサスですので、ニューヨークにはありません。

そんな訳で、アメリカの人もカリフォルニアに来たら訪れる人気ハンバーガー屋さんです。

人気の理由の一つは、冷凍肉を使っていないことです。産地の近くにしか店を開けないとので、6州でしか営業していないのでしょう。ポテトもお店で切ったものをそのまま挙げているので新鮮です。
そして、なんといっても値段が安いところも魅力の一つです。


作り方も丁寧で、お肉や野菜がはみ出していないです!!

ハンバーガーメニューはシンプルで、ハンバーガーとチーズバーガーとダブルダブル(ダブルチーズバーガー)の3つです。メニューがシンプルなのですが、裏メニューがありいろいろとアレンジしてくれます。
なんとホームページにも裏メニューが出ています。(こうなると裏メニューではない気がしますが、Not So Secret Menyとなっています。)https://www.in-n-out.com/menu/not-so-secret-menu

今回は、お客様も裏メニューに挑戦ということでアニマルスタイルというものに挑戦しました。


ハンバーガーを注文する際に、玉ねぎを入れるかどうか聞かれるのですが、入れると通常は生の玉ねぎが入ります。そこでアニマルスタイルを注文すると玉ねぎを炒めてカットして入れてくれます。わかりにくいですが、写真がアニマルスタイルのハンバーガーです。

そして、なんとポテトにもアニマルスタイルがあります。


アニマルスタイルにすると、ポテトの上にチーズをのせ溶かしてくれた上に炒めた玉ねぎとサウザンソースがかかって出てきます。とてもボリュームがありました!

ちなみにポテトにチーズだけかけてほしい場合は、チーズフライという注文もできます。


またカリカリのポテトがお好きな方向けに、ウェルダンフライという注文が可能です。カリカリに揚げてくれます。(写真では非常にわかりにくいですね・・・・)



番外編ですが、有名な裏メニューにハンバーガーのプロテインスタイルというものがあります。これは、バンズがないハンバーガーです。レタスに具材が挟まれて出てきます。筋肉を鍛えている方向けなのでしょうか?


もはやハンバーガーではないですね!!手にもって食べることが出来なかったです・・・・

今回は、サルベーションマウンテン満喫ツアーというツアーの際によってほしいとのリクエストでした。
このツアーですと、午後の4:00頃にしか寄れないので、夕方に寄らせていただきました!

インアンドアウトバーガーの詳細は、https://www.in-n-out.com/

コロナウィルスが治まって、ロサンゼルスに来れるようになったら、是非行って見てくださいね!


ツアーで寄ったところの写真も添付させていただきますね。(写真は別の日の写真です)
興味があれば、ツアー詳細もご覧ください!

アンザボレゴ砂漠州立公園の鉄アート!

アメリカらしい大自然の道!


サルベーションマウンテン

イーストジーザス・ゴミで作ったアート作品の屋外美術館

食事の後に巨大アウトレットモール・デザートヒルアウトレットモール

2020年3月25日水曜日

ロサンゼルスの街の様子


ロサンゼルスで外出自粛要請が出てから、数日が経過しております。
必要な買い物や散歩など屋外で体を動かすことなどは、許されております。

買い物などに出かけた際の様子を伝えさせていただきます。



写真は外出自粛要請が出る前の日のチャイニーズシアターです。すでに休館しており、人もまばらでした。シアター前の庭にあるスターの手形は、柵越しに見るしかない状態です。


外出自粛要請がでているので、ほとんど人がいないと想像できますが、コスチュームを着て写真を撮ってお金をとっていた人やCDを無理やり渡してきて、お金を請求していた人たちは、どうやって生活しているのか、ちょっと気になります。


こちらは、昨日のリトルトーキョーです。人がほとんど歩いていないです。 そのおかげか、スーパーにものが豊富に揃っていました。




ダウンタウンの薬局です。トイレットペーパーの棚がすっきりです。トイレットペーパーは、どこに行っても不足していますね。


ダウンタウンのスーパーは、入場制限をしていました。幾分前の人と離れて並んでいるようでしたが、そこまで神経質になっている様子はないですね。アジア人を避けるような仕草も私は感じていません。


買い占める人がいるので、卵は一家に2つまでとなっていますね。

こちらは、トーランス地区の安売りスーパーのパン売り場!からっぽです。こちらは、3日ほど前の様子です。


別のスーパーでしたが、今日はパンがありました。


しばらくなかったお肉もたくさんありました。徐々に、買い占めをする人も少なくなってきたのか、冷凍庫がいっぱいになってきたのかと思われます。

相変わらずほとんどの人がマスクをしていないです。買い物している人たちを見ていると、日常となんら変わらない様子です。

外出自粛要請開けに、良いニュースをお伝えできることを、願っております。



2020年3月24日火曜日

カリフォルニアポビーの群生地(アンテロープバレー)

春はお花の時期ということで、本日はアンテロープバレーという、カリフォルニアポピーの保護区域を紹介させていただきます。




私はアンテロープバレーに行ってきました。ニュージーランドで長く働いていましたので、カリフォルニアポピーは外来種とのイメージだったので、保護区域というのが新鮮です。



保護区域内は、様々なハイキングコースがあり、体力や目的に合わせいろんな人に楽しんでいただけるコースです。

当然お花の時期は限られて来ます。例年3月下旬から4月中旬頃が見頃のようです。


本当に、色が鮮やかできれいなお花です。


アップすぎる写真です。


保護区域だけあって、警察が見回りをしるようです。外来種としてあまり可愛がられていなかったのを知っているだけに、所変わればずいぶん違うなと考えさせれる瞬間でした。
環境って大事ですね。


いい時期に行くと、ご覧のようにお花の絨毯がご覧いただけます。


保護区の外では、お花の絨毯の中に車が見えますね!

カリフォルニアポピーが本当に素晴らしい場所なのですが、それ以外にもお花が咲いています。


ピンクのかわいいお花は、オランダフウロの仲間です。このお花は、ヨーロッパからの外来種だそうです。



カリフォルニアゴールドフィールドというキク科の小さなお花。名前の通り、カリフォルニアに自生しています。


ブルーディックスというアスパラガス科のきれいなお花です。アスパラガスのお花って見たことなかったので、ついでに調べてみましたが、見た目は全然違いました。



ウチワサボテン(プリックリーペア・カクタス)です。緑の部分が茎で、赤いのは蕾です。ハート型してて可愛いですね。

この他にも、春にお越しいただくとたくさんのお花をご覧いただけます。
今年は、コロナウィルスの影響で春にお越しいただくは難しいですが、来年の春にロサンゼルスにお越しいただるようでしたら、ぜひお花畑もご覧いただきたいです。



日本とアメリカの2国間の移動についての最新情報

週末に、新たに日本からアメリカへの入国、アメリカから日本への入国(日本人も含む)で新たな情報がありましたので、記載させていただきます。

日本からアメリカへの入国

3月21日に米国疾病予防管理センター(CDC)が、新型コロナウィルス感染症に関する旅行健康情報を、日本を含む5カ国を対象にレベル3(不要不急の全ての渡航を回避してください。)に引き上げました。
日本からアメリカへ入国した人は、入国後14日間の自主検疫等を推奨されることとなります。
(外務省ホームページ参照https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T070.html#ad-image-0


アメリカから日本への帰国

アメリカから日本への入国者(日本人も含む)に対する検疫強化が決定されました。
日本時間の3月26日午前0時以降に出発し日本に到着する飛行機と船舶を対象に4月末日までが対象となります。


健康状態の異常のない人も含めて、検疫所長の指定する場所(自宅など)で14日間待機し、空港等からの移動も含め電車・バス・タクシー・国内線航空便などの公共交通機関を使用しないことをお願いすることになるようです。

日本に入国するまえに、以下の確認が必要となっております。

  • 入国後の旅程に支障がないこと
  • 入国後14日間の滞在先(自宅がない場合は宿泊先)を確保していること
  • 空港からその滞在先まで移動する方法を確保していること(自家用車・レンタカー等)

(外務省ホームページ参照https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C039.html


2020年3月21日土曜日

3/19 ロサンゼルス(カリフォルニア州全域)で外出自粛要請がでました

本日、大統領よりアメリカ人の海外渡航の自粛要請が出ました。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6354630

そして先程ロサンゼルス市より、外出自粛要請が出されました。
https://ktla.com/news/coronavirus/l-a-mayor-garcetti-expected-to-update-public-health-orders-in-response-to-covid-19/  

先日より、博物館や映画館は閉鎖になっており、レストランもテイクアウトのみ認められる状況で閉鎖になっている店も多く、ホテルも臨時休業しているところもあり、学校も休校という状況でした。

会社も在宅勤務という形にしているところも多いですが、ホテルのベットメーキングの人たちやレストランのウェイターやツアーガイドなど在宅勤務ができない職業の人は死活問題となっています。

外出自粛要請が出る前に、街の様子を見てきましたので、紹介させていただきます。


ベニスにあるマッスルビーチ、18日に行きましたがやっているお店も多かったです。


たくさんの人が筋トレしてました。ランニングしている人やテニスをする人、そしてスケボーをしている人なども多く、やはり体を動かしたい人はたくさんいる様子でした。


このベニスには、ゴールドジムの1号店があります。シュワルツネッガーさんがいまだに会員だとの噂がありますね。流石に人はいませんでしたが、周辺にホームレスが多かったのが気になりました。人がいなくなった場所は、居やすいのでしょうか?

観光地のサンタモニカにも行ってきました。


桟橋がクローズされていました。いつもは人でごった返している場所ですが、ほとんど観光客がいませんでした。

人気のショッピングモールである、サンタモニカプレイスも人がほとんどいませんでしたし、閉まっている店も多かったです。



歩行者天国のサードストリートプロムナードもほとんど人がいませんでした。お店もほとんどが臨時休業をしていました。


今後、何回かに分けて、3月18日の街の様子を報告されていただきます。
くれぐれも、病気に感染しないよう、また感染しても打ち勝てるよう、お互い気をつけましょう。











2020年3月19日木曜日

週末にサルベーションマウンテンに行ってきました。(2)

こんな時ですが、昨日の続編を書いていましたので、安心して旅行出来るようになった際の参考にしていただけますとうれしいです。


金曜日には、サンセットのサルベーションと星空のツアーでしたが、日曜日には、サルベーションマウンテンの満喫ツアーに行ってきました。

ありがたいことに前日にお申込みいただきました!キャンセルが相次ぐ中本当にありがたいお話です。


この日もロサンゼルスはあまり天気がよくなく、青空の中サルベーションマウンテンを見たいというお客様の希望がかなえられるか心配でしたが、写真のような青空にお客様も私もテンションがあがりました!写真は、最初の訪問地。アンザボレゴ砂漠州立公園の鉄アートです。鉄の赤と青空の対比が素晴らしかったです。


遠くから亀のアートが見えたところ、お客様が見たいとのことで、急遽立ち寄りました。鉄アートが100以上点在しているので、全部お見せすることが出来ませんが、ご希望の動物があれば、出来る限り立ち寄ります!!!


アンザボレゴ砂漠州立公園からサルベーションマウンテンに移動しても、雲がほとんどない青空でした!世界各国からたくさんの旅行者がやってきており、ご覧のように写真撮影大会となっておりました!


サルベーションマウンテン近くの、アートも青空とともに映えますね、



昼食は、お客様の希望があり、In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)に立ち寄りました。サルベーションマウンテンの近辺には、残念ながらお店がないので、だいぶ遅い昼食となってしましましたが、さすが人気のファーストフードだけあった、お客様も大満足の様子でした。


このIn-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)はメニューが非常に少ないのですが、たくさんの裏メニューがございます。今回はわかりにくいですが、ウェルダンフライというものを頼んでみました。

In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)のポテトは、冷凍ではなくその場で切って揚げるというスタイルで美味しいのです。冷凍でないからか、通常はちょっと柔らかめに揚がってます。私は硬めのポテトが好きなので、ちょっと硬めのポテト・ウェルダンフライを注文しました。
写真ではわかりにくいですが、どのポテトも硬いのでピンとまっすぐになっていますね。

最後に、アウトレットに立ち寄りました。(写真はプロモーション用の写真です)



さすがに、アウトレットもコロナウィルスの影響で日曜日にしては、人が少なかったです。まだ閉店している店はないですが、お店によっては営業時間を短縮している店もあるので、これから行く予定のある方はご注意下さい。

サルベーションマウンテンだけでなく、アメリカの大自然も満喫したいという方は、アンザボレゴ砂漠州立公園はまさにうってつけの場所です!乾いた大地と山がそびえ、ほとんど車のいないまっすぐに伸びる道など、アメリカの大自然の風景を堪能いただけます!

ツアーの詳細は、https://www.america-travel-factory.com/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E6%97%A5%E5%B8%B0%E3%82%8A%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC/










ロサンゼルスでスペースシャトルの見学(サイエンスセンター)

コロナウィルスの影響が強いアメリカですが、影響がおさまった際に来ていただけるようロサンゼルスの観光地の紹介を続けさせていただきます。 現在閉館中ですが、カリフォルニアサイエンスセンターを紹介させていただきます。 個人的に天文に興味があったので、アメリカに来たらスペー...