スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

*サスティナビリティ*ロサンゼルスの立ち位置

実はですね、ロサンゼルスでもよく見かける言葉、 "SUSTAINABLE" なんか全然遠いところにいるイメージがもしかしたら あるかもしれません。 それもそのはず、世界の都市、いやアメリカの都市と 比べたとしてもTOP 10にかすりもしない立ち位置と なっている為、え?参加している?みたいな イメージかと思いますが、実はちゃんといろんな 取り組みを行っています。
サスティナビリティのおさらい。 かなりざっくりまとめると 環境性 社会性 経済性
という3つからみた大きな指標を 元に、下記の絵のように17の項目に 分けて、それぞれ持続可能な開発を 行っていくというもの。

詳細は、こちらの講師を呼んでおきました。 👉Wikipedia先生。持続可能性開発のゴール
(SDGs)について詳細が記載されています。




アメリカでは、いち早くプラスティックバックを 禁止した環境を考えるサンフランシスコや、 人種のるつぼニューヨークなんかは社会性で それぞれ世界のTOP10入りをしています。
2015のデータを見ると、大阪や東京なんかは常に 上位でしたが、その時点ではアメリカは全然 順位に入っていない状態でした。
この活動の目的は、 「将来の世代の欲求を満たしつつ、 現在の世代の欲求も満足させるような開発 というもの。
つまり他者のことも考えないといけない。 アメリカファースト!で大統領が当選 してしまう国、アメリカはとても苦手な分野。
ところが、実際住んでみると、結構 人権団体もあって、ボランティアなんかも さかんに行われているし、もっと傲慢かと 思いきや、ちゃんとルールを守る人たちは たくさんいます。
ランキングには入ってないロサンゼルスですが、 競争してるわけではなく、(←ランキング外 なので負け惜しみ中)2030年までに目指してる ゴールを継続してやっていくことが、大事なので そんな目線で、今後SDGSに対してのロサンゼルス の取り組みも紹介できたらなと思います。
本当は将来の持続可能どころか、covid-19で 明日はどうなるの?くらいの環境にある ロサンゼルスですが、それでもちゃんと SDGsの項目の中にある活動は途切れて いません。
とても良い例が、先日紹介した教育の お話しです。 👉先日のブログ

続きはまた!

本日もありがとうございました。
ブログランキングに参加しています!  にほんブログ村 海外ランキング
最近の投稿

*COVID-19* 改めましてパーティーは禁止です

ロサンゼルス市長が、パーティーを主催している家の 電気とお水を止めるという宣言を出しました。
まだまだCOVID-19のMortality rate(死亡率)が 下がらないため、パーティーの開催は 当然禁止されているので、ここまでしないと 分かってもらえないという苦渋の選択だったと 思います。
自由の国のリーダーは、大変。
ロサンゼルスの夏は最高で、家族友人同士と BBQなんかもして盛り上がりたいのは、 本当によくわかるんですが、子供たちも大好きな 友達と学校で会えないのを我慢してるので、 ここは大人の見せどころ。
みんなでなんとか乗り越えたいものですね。 ワクチンの普及までリーチがかかったので、 光が見えてきたように思えます。あと少し!





ブログランキングに参加しています!  ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外ランキング

*教育*コロナによる ロサンゼルスの学校のゆくえ オンライン授業の弊害

5月の段階で、8月からの新学期はオンラインでと 言われて来ていました。

ところが自由の国、アメリカ。一筋縄ではいかず、 オンラインに賛否両論合戦が繰り広げられている 中、いつも心が痛いキーワードが。

”オンラインに物理的に対応できない家庭がある” これは、インターネットやPC、タブレット類が ないため、オンラインに参加できない学生がいる いうことです。前年度(5月末)でもすでに、この 件は問題視されており、これにより出席出来ない 学生が数多くいるとの事。
正直ショックでした。水、電気、インターネット くらいに生活必需品だと思っていたので、 そうではない環境にある子供たちもたくさんいる いるということを知りました。
これにより、教育が受けられない子供たちを救おうと ロサンゼルスもあの手この手で、予算を確保したり 募金を募ったりしています。
カリフォルニア州自体は、一定の条件をクリア しているカウンティ―は、学校の再開をしても 良いという規定になっていますが、残念ながら ロサンゼルスカウンティ―はクリア出来ておらず、 新年度 8/17からオンラインということが正式に 決定しています。
日本で育った私は、政府が決めたから従う という姿勢ですが、ここは違います。 学校ごとでもオンラインがいいかどうか アンケートを取ったり、本当にこの方向で いいのか、一人一人意見をちゃんと言います。
逆に言うと州長がいつも正しい わけではない。 ”自由”や”権利”を奪われることに とても敏感で今回のオンラインまでの運びも、 ”教育を受けられる権利を奪うな!” というのが底辺にあった気がします。

コロナの数字が落ち着いてきたら、 👉ハイブリッド(オンライン+登校) 👉ゆくゆくは、学生全員を学校に戻すと いうのが目標とLAUSDの責任者が 改めて、動画を通して発表しました。
子供たちがまた笑って過ごせる 学校生活が再開されることを 祈りつつ本日はこれで 失礼します。




ブログランキングに参加しています!  ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外ランキング

*チャリティー* ダウンタウンロサンゼルスのスリフトショップ

ちょっと用事があって、ダウンタウン近郊の スリフトショップに行ってきました。
まず、スリフトショップとは? ということで一応載せておきます。
Thrift shop a store selling secondhand clothes and other household goods,  typically to raise funds for a charitable institution.
つまりチャリティー目的で運営されているショップの ことで、販売してるものはほぼ寄付。働いてる方の 多くはボランティアだったり、刑を軽くするために 社会奉仕をされている方というのが私のイメージ。
先に前置きをしておきます。 実はスリフトショップはとても苦手です。 なぜかというとまず、  👉治安が悪い(個人的感想です) 👉働ている人ががめちゃくちゃ態度悪い 👉客層がなかなかいかつい。 👉売ってるものが独特 などなど。
なので、いつも足を運ぶことはないんですが、 野暮用でかなり久しぶりに足を踏み入れてみました。
St vincent de paul

場所は下記です。ドジャーススタジアムの すぐ近く。


あれ?私の知ってるスリフトショップじゃない。 まず、客層がいかつくない。 売ってるものも比較的きれい。 店員さんが優しい。そして平日にも関わらず かなり賑わっていました。
こちらのスリフトショップは、カトリックのボランティア 団体が、貧しい人やホームレスの方を支援するために お店もスリフトショップも含めいろんな活動をされています。
私のスリフトショップのイメージが少し 変わりました。お近くに来た時には是非。
お宝発掘できたらすごいうれしいし、 それで人も助けられるというとてもいい試みであることは 間違いない。こんな時だからいろんな形で助け合いに 参加できることも嬉しいですね。

お店自体はとても広くてカテゴリーごとにちゃんと 分かれているので回りやすかったです。
*写真はお店のホームページからお借りしています。




ブログランキングに参加しています! ポチっとよろしくお願いします。 にほんブログ村 海外ランキング

*最近のロサンゼルスダウンタウン* ファマーズマーケットとグランドセントラルマーケット

日曜の朝、久しぶりにダウンタウンを 闊歩してきました。
かなりの運動不足なので、朝散歩をしていたら ファーマーズマーケット発見👀
このファーマーズマーケットは毎週日曜日に 下記で行われています。
SPRING ST/ 5TH.  毎週:日曜 時間:9:00AM-3:00PM